一人産んだのに?二人目不妊の実態

MENU

CLOSE

一人産んだのに?二人目不妊の実態

二人目不妊とは?

img_dummy01

世の中には赤ちゃんを授かることができなくて悩んでいる女性がたくさんいます。赤ちゃんが欲しいのに赤ちゃんが出来ないという不妊のパターンは世間の人がイメージするパターンの不妊になります。しかし、不妊治療をしているとこういった代表的な不妊以外の不妊のパターンに出会うことがあります。それが二人目不妊というものになります。

この二人目不妊というのは一見不思議な現象になります。一人目を生んだのだからすぐに二人目が出来そうなものなのに最初の一人を生んだ後から次の妊娠の兆候が無くなるというものです。この二人目不妊の問題は子供を持つ母親の悩みの一つとなっており、大阪不妊専門相談センターによると平成21年から平成25年の間に二人目不妊についての相談は6パーセントから16パーセントに増加したと報告されています。

さて、この二人目不妊についてですが大きな原因としては加齢の問題があります。最初の妊娠から次の子供を作ろうと思い立つまでは数年程度のスパンがあるケースが多くみられます。この数年の間に男性も女性も年齢を重ねたことにより、精子と卵子の老化が進んでしまっている可能性があります。不妊治療においては妊娠に成功するためには質の高い精子と卵子の組み合わせが必要になるということはよく言われています。

加齢により男性と女性の精子や卵子の質が落ちてしまったことが二人目不妊につながっていると考えられます。また、もう一つ考えられる原因としては最初の一人を生んだ時に卵管や子宮といった部分に何らかのトラブルを抱えてしまった可能性です。これにより、排卵などがスムーズに進まなくなり、二人目不妊の大きな原因につながっている可能性もあります。

そして、最後が精神面の問題です。特に母親が子育てで精神的な負担を感じている場合、もう一人子供を作ろうという精神状態にはなれない場合もあります。このような原因が存在して二人目不妊という問題が生まれています。

二人目を妊娠するための妊活方法

img_dummy01

上記で述べたような二人目不妊の原因のうち、一人目出産時のトラブルや母親の精神面の問題といったようなことについてはクリニックなどで本格的な不妊治療を受けることによって解決していくべき問題になります。ただし、最初の精子や卵子の老化の問題は食生活の改善や妊活サプリメントの服用などで十分に対策が可能なものになってきます。

さて、精子や卵子の老化についてですが、例えば亜鉛を摂ることなどがおすすめになります。亜鉛は別名セックスミネラルという名前が付くほど、性的な面での効果が高い栄養素になります。特に男性が亜鉛を摂取した場合には精子の質が大きく向上するということが知られています。

また女性の場合にはホルモンバランスを調節して妊娠しやすい体の状態を整えてくれることもわかっています。このような亜鉛は牡蠣のような魚介類、レバー、大豆食品などに多く含まれています。ぜひこのような食品を積極的に食生活の中で取り入れていくようにしましょう。

また、美容のコマーシャルなどでおなじみのコエンザイムQ10といった成分も二人目不妊を克服して妊活を成功させるためには積極的に摂取したい栄養素になります。このコエンザイムQ10は老化の原因になる活性酵素を抑える働きを持っています。このようなコエンザイムQ10については妊活サプリメントなどに多く含まれているので、そちらを服用するのも良いでしょう。

二人目不妊の問題に関してはまずはお互いの精子や卵子の老化を疑って、食生活の改善や妊活サプリメントといったようなものの服用を行っていきましょう。それでも効果が出ないようなら、他の理由を考えて一度専門のクリニックを受診してみるのが良いでしょう。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧