妊活中の人は必見!妊娠しやすい体作りのためにできること!

MENU

CLOSE

妊活中の人は必見!妊娠しやすい体作りのためにできること!

妊娠しやすい体作りとは?

img_dummy01

近年では、妊活や不妊治療という言葉を耳にする機会も増えてきました。妊娠を目指している人は、普段から、生活習慣に気を付け、妊娠しやすい体作りをすることが大切です。いつもの習慣を少し改善するだけで、妊娠しやすい体を手に入れることができるのです。そして、女性が妊娠するために大切なことが、2つあります。

1つは、卵巣から卵子が排出される排卵が定期的に行われていることです。そして、もう1つは、受精卵を受け入れる子宮内膜が着床しやすいように厚くなることです。つまり、妊娠しやすい体というのは、定期的に生理がきて、月経血が出ている体であると言えます。妊娠しやすい体作りをするために、できることから始めましょう。

ストレスを溜めないこと

女性は、仕事や家庭、人間関係など、日頃から多くののストレスにさらされています。しかし、ホルモンを分泌する脳の視床下部や脳下垂体はストレスに弱く、ストレスが溜まると女性ホルモンの分泌を妨げてしまうのです。そのため、生理不順や生殖機能の低下を引き起こしてしまいます。

好きな趣味を楽しんだり、友人とおしゃべりしたり、身体を動かしたり、ゆっくりとお風呂に浸かったり、自分にぴったりなストレス解消法を見つけ、ストレスを溜めないようにしましょう。

栄養バランスのよい食事

体をきちんと働かせるためには、バランスのよい食生活が重要です。特に、子宮や卵子は体が酸化することで質が低下してしまいます。これは、パートナーの男性にも言えることで、栄養不足になると精子の質の低下にも繋がります。1日3食を基本にし、さまざまな栄養素をバランスよく摂れる食生活に変えるようにしましょう。

適度な運動

体を動かすことで血液循環がよくなり、新陳代謝が高まって、体全体の機能が向上します。卵巣や子宮の機能を高めるためにも、適度な運動を日常生活に取り入れていくことが大切です。運動にもいろいろあり、本格的なジョギングなどではなくて、ウォーキングをしたり、お風呂上りにストレッチをしたりするなど、自分の生活習慣に合った運動を見つけ、毎日続けて行うようにすることが大切です。

冷えの解消

昔から、冷えは万病のもとと言われるように、体が冷えることで血行が悪くなり、卵巣機能の低下を招きます。普段から、薄着をしないように気を付けたり、シャワーで済ますのではなく、しっかりと湯船に浸かったりと、体を冷やさないことが大切です。体を温めてくれるネギや生姜、唐辛子などの食材が入ったお料理を取り入れるなどして、体を温めるようにしましょう。

適正体重を保つ

細い体型に憧れて、体重を気にしてダイエットをする女性が多いのですが、無理なダイエットは体に大きな負担を掛けるため、生理不順を引き起こしたり、妊娠しにくい体を作ってしまうのです。逆に、太りすぎている場合も、ホルモンバランスが崩れた状態を作り出すためよくありません。自分の適正体重を知って保つようにしましょう。

タバコを止める

タバコを吸うと卵子の老化を加速させてしまいます。卵子の老化が進むと、不妊だけでなく、流産のリスクも高まる可用性もあり、不妊治療中や妊活中の人は、今すぐにタバコを止めるようにしましょう。

サプリメントを摂取して足りない栄養素の補給!

img_dummy01

妊活を成功させるためには、日頃からさまざまな栄養素をバランス良く摂っていくことが大切です。そこで、妊活に必要な栄養素を上手く摂取できるサプリメントがオススメです。妊活サプリメントは、妊活において積極的に摂りたい重要な栄養素を手軽に摂取することができます。妊活サプリメントを摂取することで、妊娠しやすい身体に整えて、妊娠を目指しましょう。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧