妊活と断食の関係!断食は妊活に効果がある?看護師が回答

MENU

CLOSE

妊活と断食の関係!断食は妊活に効果がある?看護師が回答

本記事の執筆:産婦人科の現役看護師

妊活で気をつけることはたくさんあります。
その中でも、食生活は、妊活でなくとも欠かすことができないものですよね。

最近では、コンビニの急速な普及や、充実した総菜やお弁当、外食ができるお店が多くあり、自分で作らずとも簡単に食事ができます。

しかし、一方で、お弁当や惣菜、外食などは、誰にでも合う味付けをしているので、高カロリーだったり、栄養が偏ったりしがちです。

また、自分でしっかりと食事を作ったとしても、最近の野菜は、昔と比べると栄養価が低いですし、食材によっては添加物などが付着していたりします。

妊活にとって、妊娠しやすい体を作るために、食生活はとても大切なことです。
しかし、食べ物から体にとって有害なものを無意識のうちに摂取してしまったり、高カロリーや油の多い食事などを摂ってしまうことって、あると思います。

でも、そういった食事をしていると、肥満になってしまいますが、この肥満は、妊活にとっては妊娠しにくい体を作ってしまう原因となってしまうのです。

みなさんは妊活で妊娠力を上げるために、さまざまなことを積極的に実践しているのではないかと思います。
そして、みなさんの中には、ダイエットをしている人がいるのではないでしょうか?

ダイエットの方法にはいろいろな方法がありますが、その一つに『断食』という方法があります。
これは、ダイエットの方法としては必ずと言っていいほど挙がってくる方法です。

この『断食』は、実は妊活にも効果があるのです。

『断食』といっても、1日3食の食事を全て断つわけではなく、3食のうちの1食を断ってしまうという、プチ断食です。

断食が妊活に効果がある理由とは?

では、なぜ断食が妊活に効果があるのかというと、いくつか理由があります。

まず、体の生存本能を高める作用があります。
これはどういうことかと言うと、人間の体は、危機を感じると、子孫を残すために生殖機能を高めようとします。そのため、プチ断食をして体を飢餓状態にすることで、この生殖機能を高めることができます。

そして、プチ断食をすることで、消化器といった内臓が休まり、エネルギーを温存することができます。

私たちの体にある臓器は、食事などで外部から取り入れてしまう添加物や有毒なものによって、ダメージを受けています。そのため、プチ断食でエネルギーを温存することで、そのエネルギーを使ってダメージを受けてしまった臓器を修復することができるのです。

それと同じで、そういった添加物や有毒なものから、子宮や卵巣といった生殖器もダメージを受けているので、エネルギーを使って修復することで、妊娠力を上げることができるのです。

それから、プチ断食をして臓器が休まることで、臓器を健康な状態に戻すことができます。臓器を健康な状態に戻すことで、臓器の働きを高めることができ、デトックス効果も上がります。

デトックス効果で体の老廃物や毒素を排出することで、免疫力が高まり、子宮や卵巣の状態を良くすることができます。

また、プチ断食をすることで、血中にあるコレステロール値を下げることができます。すると、血行が良くなり、冷えを解消することができますし、子宮や卵巣にしっかりと栄養分を運ぶことができるようになるので、妊娠力がアップするのです。

まとめ

このように、断食は、妊活をしているみなさんにとっても、とても効果があります。
断食と言えば、ダイエットの時にするものだと思う人がいるかもしれませんが、ダイエットという目的でする以外にも、時々は断食をして、ぜひ妊娠力を上げてくださいね。

現役の看護師(産婦人科)が推奨する妊活サプリはこちら!

こちらのページにまとめています。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧